1年生ガソリンエンジンの分解作業実施中

1年生は、ガソリンエンジン実習が始まりました。

 

この実習では、座学で学んだ教科書の内容を

実際のエンジンでオーバーホール

(一度部品を一つ一つ取り外した後、点検をしてから組み直すこと)しながら、

実物の部品を見て学び、更に理解を深めようという実習です。

 

使用するエンジンは、トヨタとホンダの2種類のエンジンを使用し、

メーカー毎の違いも学んでいきます。

まずは、トヨタの電子制御エンジン(4A-FE)です。

 

ちなみに体験入学でも似たようなことを実施しています。(トヨタ2E-LUエンジンを使用。)

興味を持ったら、ぜひ体験入学で感じてください。

 

今回はその雰囲気を紹介します。

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

整備士を志すもの、エンジンをオーバーホールできる実習を楽しみにしていたようで、

いつも以上に楽しそうに実習を行っていました。

 

 今回はここまでです。続きをご期待ください。

1年生担当 寺島

 

カテゴリー