1年生ガソリンエンジン実習 応用編

 1年生のガソリンエンジン実習では、前回トヨタのエンジンを

バラバラにして構造を隅々まで確認しました。

 

今回は、お客様からのご依頼事項を想定!

・ベルトからスリップする音がする。

・エンジンの騒音が大きくなった気がする。

・冷却水が減る。

・エンジンのオイルが減る。

・排気ガスの臭いと色が変わった。

 

に対応するため、

”極力部品を外さずに短時間で楽に修理が完了できるように”

をコンセプトに実習を行いました。

 

使用するエンジンは、ホンダD15B(VTEC)です。

その実習風景を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今回も無事にエンジンがかかり、

併せて電子制御についての基本も学習したことで、

整備士として社会に出た時のイメージが

少し沸いたのではないでしょうか。

1年生担当 寺島

カテゴリー